防水工事に関する情報が満載!

雨から守る

ウレタン防水工事の特徴

ウレタン防水工事の特徴 防水工事にはいくつかの種類があって、それぞれに特徴をもつものといえます。
なかでも、ウレタン防水工事というのは、液体状になっているウレタンを対象となる箇所に塗りつけることによって、防水膜を形成するという方法であり、かなり幅広く用いられているもののひとつです。
このような工法の特徴としては、もともとの材料が液体状になっているため、複雑なかたちをした場所であっても施工がしやすく、水漏れの原因にもなるような継ぎ目なども存在しない、一体的な防水膜をつくることができるということが挙げられます。
また、たとえば通気緩衝シートなどの、別の防水素材と組み合わせることによって、さらに強固な防水性能を発揮させるといったことも可能であるという点も、やはり特筆すべきところといえるでしょう。
ただし、ベランダの床面などの施工したい部分をあらかじめ十分に乾燥させておかないと、残っている水分の影響によって、せっかくつくった防水層の一部がふくらんで、やがて破裂してしまうようなこともありますので、施工の際には特に注意をしておかなければならないといえます。
また、通常は材料となるウレタンをシンナーなどでうすめて使うことになりますが、費用を惜しんでうすめすぎた場合には、防水層の厚みが足りず、すぐに破れて水漏れが生じてしまうというところにも注意しなければなりません。

ウレタン防水工事の長所と短所

ウレタン防水工事の長所と短所 一般的な防水工事とは、液状の防水剤を塗布して防水皮膜を作る工法になります。
この工法は液状と言う特性から狭い場所や複雑な形状の場所でも施工できると言う長所があります。
そしてその種類はいくつかあり、代表的なものがウレタン防水になります。
このウレタン防水にはメリットとデメリットがありますので、しっかりと把握しておき自分の状況に適しているかどうかを判断する事が重要なポイントになります。
まずメリットとしては、コストの安い点が挙げられます。
FPRと呼ばれるガラス繊維強化プラスチックと比べて安い値段で使う事ができます。
また防水層が軽量なので建物に負担がかかりにくく、継ぎ目のない均一な仕上がりになります。
なおこの継ぎ目のない均一な仕上がりは、液状の防水剤の特性なので他の防水工事にも言えるメリットになります。
次にデメリットですが、こちらは工期が長くなる事が挙げられます。
各工程で乾燥の為の時間が必要になりますので、必然的に工期が長くなってしまいます。
また均一な塗布が難しいと言う点もデメリットになります。
液状なので平面には平均的に塗布できますが、下地によっては凹凸がありますので強い部分と弱い部分ができてしまう可能性があります。

新着情報

◎2017/5/15

防水工事の種類と方法 の情報を更新しました。

◎2017/3/24

防水工事を自分でするなら の情報を更新しました。

◎2017/1/6

防水工事に必要な資格 の情報を更新しました。

「防水 ウレタン」
に関連するツイート
Twitter

ウレタン防水の特徴は継ぎ目がないこと、防水層を厚くすることで高い防水性を発揮すること、施行中でも高温にならないことが挙げられます!住まいの耐久性を高めるためにも、10年に1度はチェックして塗り替えるといいでしょう!

Twitter smile_hokkaido (株)住まいる北海道

返信 リツイート 0:36

ウレタン防水通気緩衝法は、防水工事後、メンテナンスをしないと、水分が少しずつ溜まっていき湿気となり、防水層の膨らみが見られる結果となります。湿気を逃がすための脱気筒だけでは足りず、防水層はさらに膨らみます。

Twitter tweet_565656 防水工事@塗装工事

返信 リツイート 昨日 10:37

じゃあもう今年は普通のラバーブーツ大きめに分厚いボアの中敷き敷くか…と「子供 ボア 中敷き」で検索したらわんさかブーツ出てきた。でも防水の方が大事。ウレタンって入れたらええんかのう。

Twitter ritard ritz@すけロス(断捨離22/100)

返信 リツイート 12/13(水) 16:24

ウレタン防水通気緩衝工法 屋根バルコニーなどの比較的広さがある場所、メンテナンスをしていない古い場所で起きやすい、防水層の膨らみに対応する方法です。

Twitter tweet_565656 防水工事@塗装工事

返信 リツイート 12/13(水) 15:38

ウレタン防水通気緩衝工法とは、屋根バルコニーなどの比較的広さがある場所、メンテナンスをしていない古い場所で起きやすい、防水層の膨らみに対応する方法です。

Twitter tweet_565656 防水工事@塗装工事

返信 リツイート 12/13(水) 8:37

風呂場でウレタン防水とか大丈夫かね〜 膨潤して漏れ出しそうやな〜

Twitter iknuehrk いけのうえ

返信 リツイート 12/12(火) 21:47

[Q.55]気密性や防水性を高めるためにシリコン系やポリウレタン系の樹脂で隙間を埋めることを意味する建築用語は? →コーキング

[Q.55]気密性や防水性を高めるためにシリコン系やポリウレタン系の樹脂で隙間を埋めることを意味する建築用語は? →コーキング

ウレタン防水の特徴は継ぎ目がないこと、防水層を厚くすることで高い防水性を発揮すること、施行中でも高温にならないことが挙げられます!住まいの耐久性を高めるためにも、10年に1度はチェックして塗り替えるといいでしょう!

Twitter smile_hokkaido (株)住まいる北海道

返信 リツイート 12/11(月) 12:36

ウレタン防水工事の特徴として、比較的、安価というメリットがありますが、デメリットとして塗膜の均一性が低いです。

Twitter tweet_565656 防水工事@塗装工事

返信 リツイート 12/11(月) 7:33

Copyright (C) 2016 雨から守る All Rights Reserved.